薬剤師|大手転職エージェントは多くの案件を抱えているという強みがあります…

大手転職エージェントは多くの案件を扱っているという強みがあるといえますが・・

  • 大手転職エージェントに限って、多くの案件を取り扱っているという長所があるといえますが、その反面、転職希望のライバルも多くなる、というデメリットも存在します。そのためあなたが、応募したい会社を見つけても、転職エージェント側が可能性が低いと判断すると応募してもらえないこともよくありますし、企業から見て自分よりも評価の高い人がいれば、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。このように大手のエージェントは、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱っており案外応募できないので、策略を変更して少し規模の小さなエージェントに対し、気になる会社や案件を伝えておき、応募できないか、と相談しておくと自分のために仕事してくれることもあるので、そのような活用の仕方も良いでしょう。

    薬剤師|看護婦と呼ばれていた看護師は資格としてどうしても女性の割合がすごく大・・

  • 以前は看護婦と言った看護師は資格としてやっぱり女性比率がすごく大きい職場です。ご存知のように気力あるいは体力をひどく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。なので、職場の対人関係がうまくいかなかったり、自分の結婚や出産の後にそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのが取りづらい仕事ともいえます。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職する人が多いといいます。過酷な環境ということもあり、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に困っています。最近は特に、それぞれの医療機関は看護師を必要とする「売り手市場」であるという現実も、これが転職の希望者が後を絶たないスパイラルになっています。

    現在の自らの勤め先や仕事に対する何かしらの不満があるはずです。

  • 今の自身の勤め先や仕事内容に対して、不満に感じていることの中に、「自分の資格やスキルをきちんと評価してもらえない」だから、「賃金は増えないし、将来レベルアップする見込みもない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。ですが、その手の不満を持っている人の一部には、自身のスキル・能力を過剰評価しているケースが少なくありません。仮に、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と中々転職先が見つからないと言う事に陥りがちです。可能性があるので、注意しなくてはいけません。そういうわけで転職で良い結果を出すためにも、あなた自身のスキルや能力を把握することが大切です。