薬剤師|初めて働いた会社で怒りっぽい上司に悩みを抱え、我慢できずにその会社は辞め、…

薬剤師|昔働いていた会社でのことですが感じの悪い上司の存・・

在職していた会社で感じの悪い上司に心をすり減らし、ついにはやる気がなくなってその会社を退職し、同業者の別の企業に転職をしました。その会社ではいやらしい上司もおらず本当に満足した毎日でしたが、緩やかに会社の売上が落ち込み、とうとうとある会社に経営統合されることとなりました。奇遇にもその統合した会社がなんと以前働いていた会社で、すごく嫌いだった上司がもう一度私の上司になることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、本当に縁があります。言うまでもありませんが新たな転職先を探す活動を始動しています。

転職のため職探しをする際に気を付けて欲しい求人は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで…

転職活動をする際に特に注意が必要な募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで、拘束時間が長めのものです。このような募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合が少なくありません。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、30時間・45時間といった形で(時間は例えです)求人の内容に時間の併記があるはずです。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料に残業代を含んでおく、といったものになります。(この仕組みは合法です)例えば『みなし残業代50時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料です」という意味になります。けれども、悪質な求人情報では告知しておくべき『みなし』という言葉がない場合もありますので気をつけておきましょう。

近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。

近頃はウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの専門会社も増加しています。特許などを出すとヘッドハンティングされる可能性が高くなります。彼らは、特許権を獲得した人以外にも、研究開発で論文を世に出したことのある人や、マスコミによって注目を浴びた人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人を対象に、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと疑われることを言われたなら、そのキッカケを考えてみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンディングと言いながら、「登録料」を要求してくる会社があったりしますが、その手の会社は言うまでもなく詐欺なので、騙されないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が払う必要などありません。