薬剤師|再就職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業クラスの場合、…

再就職の際の面接では、小企業だったら大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、…

再就職のときに行われる面接というのは、中堅企業クラスの場合、概ね「人事」が面接担当ですが、それ以外のケースもあるはずです。例えば、これから仕事をすることになる現場の担当者、平たく言えば課長や部長などの管理職が面接を担当する可能性もあります。とりわけ、営業職や事務職などのジャンルでは、資格を通じた具体的なイメージはありませんので、自発的に自分自身をアピールしていくことで好印象を与えられます。面接官から「この候補者はハッキリ自己アピールできるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大事です。

薬剤師|自分のスキルを活かしつつ、転職活動をするつもりなら…

自分のスキルを活かして再就職を検討する場合は、比較的、再就職がしやすいジャンルと比較的、再就職が難しい業界がある事を事前に知っておきましょう。転職がしやすい業界としては、慢性的に人手不足である「医療・介護」がおなじみですね。医療・介護の分野では看護師や介護士は「資格」を必要で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。こうした業界で働く人が、仕事がきついからと他の業界へ転職したいと思っているのなら、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」以外の働き手の流動性がそれほどありません。したがって、簡単に考えない事が必要です。再就職を本気で考えるのであれば、異業種では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので気をつけましょう。

薬剤師|転職時の面接では担当者から「転職理由は?」といった形・・

転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。面接官から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、必ずと言っていいほど質問されます。その際、どんなにあなたが間違っていなくとも、「人づきあい」「労働環境」に関しての不満ともとれる内容は、できればするべきではないでしょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用の可能性を台無しにしてしまいかねません。面接時は、「前向き」な内容に徹底することがかなり大切です。、事実とは異なっていても、「新しい職場で、自分の能力を十分に発揮し、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のような売り込みの形が担当者には受けます。