薬剤師|以前は求人情報では、募集条件の中に「性別」について、…

以前の求人誌では、必要とする人材の「性別」までもれなく明記されていました。

数年前は求人誌では、雇用主の希望する「性別」がきちんと書かれていました。けれど今では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、男女の求人や、採用での差別をしてはならないという決まりになり、応募条件内に男女の性別を記載しないようになりました。それでも、募集情報を出す企業側は、本来はどちらが希望と言う想いがあってもおかしくはありません。なので、本当は男手が希望の業種に女性が応募してきたり、女性希望の企業に男性が来てしまい、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。たとえば、「女性が活躍する職場です」と記載される案件の場合は、女性を希望しているのだと認識したほうが無難です。

再就職をするとき、「Uターン」「Iターン」のように…

再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」にて大都市から地方に移って再就職したいと考える人が増加傾向にあります。昔と違って求人情報サイトの地域指定をするだけで、地方の求人も容易に知ることができますが、ですが、郊外や地方での求人の場合、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、その点がマイナスといえます。といった性質上の問題があるので、転職サイトを活用するのは当然ですが、転職サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもまめに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する就業サポートの関連情報も注視しておきましょう。

転職をする際の面接のときにする腕時計においては、明らかに目を惹くようなタイ・・

再就職時の面接を受けるときにする腕時計の事ですが、ビジネスの場らしからぬ目を惹く腕時計はやめた方が好ましいです。この場合の目立つというのは高価なものとか、といった意味合いだけではなくそれとは逆に安い腕時計の印象を持たれてしまうとか、そのような目立つという意味であって真逆の目を惹くのだと捉えておいてください。面接時の腕時計についてもポジション的にはスーツやネクタイと同様にとらえ面接にふさわしいものをチョイスするほうが良い印象を与えます。そうはいっても、自身の歳にあったものというのも必要な条件であり、新卒時にしていたものよりはほんの少しでも値が張る腕時計にした方が好印象であるということははっきりと断言できます。