薬剤師|今の時代の雇用事情の激しい変化を、34歳ぐらいまでの若…

薬剤師|このように現在の会社や企業の労働環境のめまぐるしい変化…

  • このようにここ最近の会社や企業の労働背景の激しい変化に当たって、若い世代ほど敏感に感じ取っているようです。十中八九将来のキャリアアップのために、色々と思案しているのでしょう。そんなわけで、働き手などの労働力の流動化が進行しているようで、さらに後々より広い世代で転職についての関心が高まると考えられます。労働市場の「流動化」の影響により、転職することは身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が実在したしたかつては、転職者をする人は、それだけで経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思い通りにいかないことも多くありました。ところが、社会的な変化とともに今現在の会社に固執する意味も必要性もあまりなくなったように思います。
  • 全く経験したことがない業界などに転業を行う際は、以前の業界で、自分・・

  • 初挑戦となる業種などに転業したいと考えている場合には、自分が以前の会社で培ってきたスキルやこれまで経験したことを発揮できるといった内容のアピールがいるようになります。勤務経験のない分野の場合、その分その業界の経験者よりも事実、損にはなりますが、自らの持っているスキルがその業界でも十分に発揮することができるということをしっかりと話せれば、戦うことができるケースも十分にあります。以上のことを踏まえ未経験である分野に挑む際には、その分野と自分がこれまでやってきた仕事とのつながりを必ず探し出してみましょう。
  • 薬剤師|女性が再就職する場合、一昔前とここ最近とでは若干、違いがあるようです。

  • 女性が再就職する場合、今現在と一昔前では多少の変化があったりします。過去には面接の際に、結婚観や出産後の考え方など、ごく普通に質問していたのですが、最近の動向としては、その手のデリケートな内容は、セクハラと企業側が捉え、聞かない会社、が増加傾向にあります。世間に名の知れた大企業の場合は、露骨に避けるようになっています。けれども実際、企業側としては、YES・NO、の2択ではなく、その女性の人生観結婚後も働きたい、出産後の細かい予定を漠然とは知っておきたいとは思っています。自らの考えを伝えるためにも、自己ピーアールや志望動機とともに伝えることで、企業側も考えがわかり、また、疑問も解消できると思うわけです。ということで、たとえ、質問されてない箇所についても、あなたの側から積極的に話をしてみると良いでしょう。