薬剤師|ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず・・

この前、転職をやっとしたばかりというのに、あっという…

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、数ヶ月しかたっていないのに退職してしまう人というのも意外にも多いものです。何故そうなるのかと考えてみると私見ですが新たな気持で新たな職場で勤務を始めてみたものの、「自分の理想としていた職場環境と大きくギャップがあって幻滅した」「こんなはずではなかった」という原因で去っていくことが多いようです。できればこのような、転職に関しての失敗を後悔しないためには、やはり、事前の情報集めを欠かせません。徹底して行うべきなのです。職場環境、通勤時間、など多角的に調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

古来より日本には”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

古来より「石の上にも三年」という格言があります。「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。しかしながら、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、安易にそれを選択するのは考えものです。実際に転職したいなら、適した時期を図る必要があります。はじめに、今やっている職場、仕事、会社に対して嫌な点を箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は探しておきましょう。其れによって再就職を決断することです、そして、未来の展望が拓けたのなら、できるだけ早々に、より良い仕事を手に入れるべくトライしてみましょう。

今日では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件での取り締まりが強化されていったり、…

現代では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件に対する取り締まりが強化されたり、悪質な経営をしていると社名を公開されたりと、厳罰を処するようになってきましたが、未だ完璧とは言い難いのが現状です。それゆえ、面接で見破る必要があります。とりあえず、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、怪しい点について色々質問してみることからやってみましょう。相手が「ブラック企業」な場合、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、その場での回答を避けるなど逃げ腰になることがよくあります。給与や残業や休日に対しては、質問を重ねていくと後ろめたさを感じる表情を見せる可能性が高いです。それでも食い下がっていくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、会社の正体がわかります。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、他の面接を受けたほうが良いと思います。