薬剤師|はじめて「失業保険」を受ける際、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人…

薬剤師|生涯初の失業保険を受ける場合、給付されるのを待っているだけでいいと思っている・・

生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、じっとしていれば給付されると思っている人が大多数だが現実には、失業保険の給付をきちんともらい続けるためには、求職活動を続けていることが条件で、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。1ヶ月ごとにハローワーク職員との面談を通じて、「この人は、きちんと就職活動をしているな」と判断されれば、翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。仮に、本気で就職活動をしていないと思われたり、月に一度の職員との面談に参加しない場合は、問答無用で給付を一時停止したり、ケースによってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそれを防ぐために十分注意しましょう。

薬剤師|クールビズ(軽装)の格好で転職の面接会場に行こうとする場・・

クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接に臨む場合、ジャケットは着用しなくても大丈夫だと間違いなく分かりますが、ネクタイは面接では着用しているほうが好印象を与えてくれます。タイに関してもなくてもOKだと認めている会社もある場合もあるにはあります。ですが、ネクタイにおいては例えクールビズでもすべきだと思っている企業がいくつかは存在するわけです。そのため、クールビズで大丈夫だと言われていてもネクタイに関してはしていく方が悪い印象を与えることがないということを分かっておいてほしいです。

薬剤師|就職活動において、だれもが気にするのが年収です。

就職活動において、年収は絶対に無視できません。面接では、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソはバレてしまうからです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収を設定することです。例をあげれば、現在の年収が300万円の方が転職後すぐに500万円となる見込みはまず無理です。たとえば、現在の年収が430万円であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが正しいです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、一時的に採用されたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなることもあるので、注意しましょう