薬剤師|これから転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは職・・

これから転職活動をされるなら、気になる求人(OR 業種…

  • 転職活動の際に、良いと思う求人(または職種)を見るたびに忘れず「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索しておきましょう。求人票・転職エージェントから入ってくる言葉からは、その業界に関するマイナスにあたる箇所は、知ることは不可能です。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、ネット検索によってカンタンにカンタンに現実を知ることができます。そうした現実を知らずに入社してしまうと、あとでガッカリしてしまうおそれがあります。そもそも求人が出ていた理由が「業務内容がキツく、なかなか人が定着しない」といったケースが少なくないため、目に留まった案件について、疑問点を確実に払拭した上で、応募しましょう。
  • 今から転職活動をするに当たっては、現在の職場の何に対して不満を感じているのか・・

  • 転職活動しようと考えるのなら、今現在の職場の何が気に入らないのかを明確化する事が良いです。当然と思われますが、意外とできてないです。もともと不平があるから転職しようと思っているはずです。が、「しっかりと現在ある職場・業務の客観的に考えた満足できない点を挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあとに、転職を叶えたとしたら、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後のモチベーションの低下を高確率で防げますから、失敗しないのは可能です。
  • 転職活動の際は、事前に求人雑誌を見たりして気になる会社をチェックするはずです。

  • 転職活動の際は、最初に、インターネット上で求人サイトを閲覧したりして興味のある会社をチェックするとは思います。とはいっても、当該会社が情報を掲載する際には、コンサルタントからアドバイスを受けていることが少なくありません。彼ら(コンサル)は、会社に不都合な情報を隠すプロでもあります。たとえ公表するとしても差しさわりのない表現をします。そのような社長の方針や社員の感想については、それをすべて信じるのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、予想とは全く違うとあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後は、言いがかりをつけながら退社できないようにしようとします。最近問題となっているブラック企業に多い例です。