薬剤師|『転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら…

薬剤師|『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、自分の意志が固いな…

  • 『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいということを速やかに上司に伝えましょう。なぜならばここでは曖昧な表現をすると場合によって必ず言いくるめられます。そして、実際にわたしが転職をすると話した時には退職するタイミングを伸ばされてしまい、なんと半年以上にわたり辞められませんでした。辞めたい旨を当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、いろいろあってなぜか退職を受け入れられたのは同年11月です。予定としては、ちょうど年度末を契機にやめようとおもったのに、大変驚きました。やっぱり企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、心底前の会社に対しての困ってしまいました。

  • 薬剤師|趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意した方が良いです。

  • 自分の大好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は注意です。これは、私が体験したことなるのですが、私は、食べることが好きだったのですが、それが理由で飲食の世界(レストラン)で仕事をしていた期間があります。その飲食店での仕事内容は、そのレストランで担当していた仕事内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容に関しては、不満もなく楽しんで働いていました。けれども、人間関係に悩まされました。そのことが理由で、職場を去ったのですが、その影響で、大好きだった食べることやその飲食店で扱われていた食べ物すら苦手になり、その系列の店にはしばらく経った今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事を始めた頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の大好き、を仕事にしたいと思うのは本当に素敵なことだとは思います。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、冷静に自分自身に問いただした上で行動するべきです。

  • 安定を手に入れるべく正規社員を狙っている人は多いと思います。

  • 安定を願って「正社員」として働こうと思っている人は少なくない、というのが現状です。けれど、役立つスキルを身に着けたりして努力しても、中々正社員として雇用されることがうまくいかない可能性もあります。契約社員や派遣社員の求人はかなり目に付くのに正規雇用の求人情報に拘り、チャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。仮にあなたが、正社員としての転職が難しいのなら、契約社員に応募することも視野に入れてみてください。契約社員を募集している会社であっても、実力次第で、2,3年で正社員へのキャリアアップが図れることもあるからです。ですから面接時に正社員として働ける可能性の有無をヒアリングしても人生設計が立ちやすいはずです。