薬剤師|『転職したい!』と思っている人で未来の進む道もハッキリしているのなら…

薬剤師|『転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が固いなら…

  • 『転職したい!』と思っている人で未来の進む道もハッキリしているのなら、辞めたいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。なぜならばこのときに相談という形を取ると、状況によって必ず言いくるめられます。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、話がこじれて結局、退職までに半年ほど掛かってしまいました。退職したいことをはじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、実際では数ヶ月延びて退職が受理されたのが同年の11月です。希望ではちょうど年度末いっぱいで辞めたかったです。希望通りには進みませんでした。会社も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでさすがになんだかガッカリしました。

  • 自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は注意です。

  • 自分自身の好きなことを仕事にしたいと思っている人は注意した方が良いです。これは、私が経験したことなのですが、私は、もともと食べることが趣味だったのですが、それが理由で、過去には、飲食店に勤めていたことがあります。その飲食店での業務は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、嫌なこともなく楽しみながら仕事ができていました。しかし、人間関係にすごく疲れてしまったのです。そのことが原因で、仕事をやめることになったのですが、その結果、あんなに大好きだった食べることやその店で提供していた食べ物すら嫌になってしまい、類似の店にはしばらく経った今も行けていません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事に就いた当初、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと夢見て、それを実現させることは本当に素敵なことですが、ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、真剣に自分に尋ねる必要がありそうです。

  • 安定した生活基盤を送ろうと「正社員」として働くことを意識している人・・

  • 安定的な暮らしを願い正規社員として働こうと考えている人はかなりいます。けれど、相当に頑張っているのに中々正社員のためのキャリアアップが叶わないケースも少なくはいはずです。派遣社員の求人募集はかなりあるのに正規雇用の求人情報以外はスルーしてもやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。仮に、中々正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、非正規雇用者の募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員や派遣社員募集の会社の中には働き手の実力により、2,3年で非正規雇用から正規雇用にステップアップができる可能性もあるからです。ですので面接時に「正社員登用」の可能性がどのくらいあるかを聞いておけば後々の役に立ちます。