薬剤師|「シフト制」の業務についてです。

「シフト制」のある仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜・・

  • これはシフト制の仕事に関する話なのですが、決まった曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方、休み方についてはあらかじめ尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は以前出産のため休む人の代わりに正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前任の女性が「土日」に必ず出る人だったので、私も同じタイプと思われていたようです。なので「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変更してもらう必要があり、上司に「日曜日に休みたいのです」と自ら交渉しないといけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い出すと「よく耐えた」と自分でも驚きです。

  • ある会社に派遣されて働いています。

  • 派遣として勤務しています。労働契約法のからみで否応なく、ずっと働いた会社での仕事を辞めなければいけません。派遣仲間の中には、派遣先の企業から直接雇用のポジションをゲットした方もいるのですがその理由としてはぶっちゃけ仕事の能力とは関係なく派遣先の上司へのごますりが上手な方でそのおかげでで採用された模様。業務処理能力よりおじさん転がしのスキルの方が肝心なんだねーと抜擢されなかった他の派遣のメンバーと職場で愚痴を言う毎日です。

  • 薬剤師|転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だと考えられています。

  • 転職活動時には、履歴書と職務経歴書が必須といえるでしょう。会社のほぼすべては履歴書や職務経歴書の記載内容を考慮した上で面接するかどうかを決めるため、まず第一にこの2枚の書類の作成が大事といえます。ただ文字を書きさえすればいいというわけではなく、記載内容の充実を図ることも重要です。「職務経歴書」では、これまでの職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き綴りましょう。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。残業時間を何時間減らしました、など分かるように書いておきましょう。もしも、作成に行き詰まったのなら、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、文章をチェックしてもらったりしてブランディングのために活用をはかることも転職を成功させるための有益な方法です。