自身のスキルや資格を活用しながら転職活動する場合、比較的、再就職しやすい業…

自分のスキルを有効活用しつつ、転職を検討しているなら・・

今あるスキルや資格を活かしつつ、転職をしていく場合、再就職がしやすい業界と、そのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を理解しておきましょう。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、慢性的な人手不足に陥ってる「医療・介護」の分野が代表でしょう。医療や介護の業種では看護師や介護士の「資格」が必要で、ハードルの高いジャンルといえます。今、看護師や介護士として活躍している人が、仕事がきついからと異業種に転職する事を考える場合、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、人材の流動性はかなり低くなります。したがって、簡単に考えない事が必要です。転職を本気で考えるのであれば、ほかの分野の仕事では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように覚悟しておいたほうがよさそうです。

薬剤師|転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職時には、面接をすることになりますよね。面接担当から「転職の理由は何ですか?」といった形で、100%の確率で質問されます。この時、どのような訳がであれ、前の職場の「労働環境」「人間関係」が悪かったという答えは、できるだけ口にするのは避けるべきです。なぜかというと、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを逃してしまうことになります。ですから面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することがかなり重要で、とりあえず「新しい職場で、より一層キャリアを生かせられるように、真面目に取り組んでいきます。」といったようなアピールの仕方が好印象となります。

転職先を探す際、当然仕事のやりがいアップも大切だけ…

転職ならば、当然仕事におけるやりがいアップも重要だけどさらに手取りが増えることも大事なポイントになるので「年収サイト」というところに登録して事前に研究しています。一緒の会社で加えて同一の職種、社歴であるにも関わらず人によってずいぶんと違いがある場合も数多くあり、ぶっちゃけ面接で質問したことがあります。面接官もそのサイトをよく見ていたようで「高い収入で書いているのは、書いた人も誰なのかある程度予想はついているんですけどね、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。