職を変える際にいるスーツの色味は、新卒の方が就活の時…

仕事の面接で着用するビジネススーツの色においては、新卒の就…

転職時の面接で着用するビジネススーツの色においては、新卒の学生が就職活動の際にに身に付ける色合いが一般的なルールとなっています。言い換えると、紺や黒といった暗めの色味、ということになります。それは転職でも、スーツの色合いはこういうダーク色が多数を占めていて、そうでない色を着用している方はあまり見ることはありません。あえて言えば、まれにグレー系の人がいるくらいです。割合からしても紺や黒のビジネススーツを着ている人が大多数なので、面接を行う採用担当の人もそういった色が当たり前のように感じます。ですから、第一印象という点ではぜひおすすめします。

新卒で入社した会社に別れを告げ、決意を新たに転職しました。

新卒で入社した会社を去り、転職に踏み切りました。会社を辞めたときは、1人で悩んでしまいました。でも、会社をわずか数年で辞めて、中途採用の形式で働いている人が大半であると私自身が転職を経験したことで学び、無意識のうちに悩みは消えていきました。1回転職したことで自然と肩の荷が下りる気持ちになり、「本当に自分のしたいこと」を見付けるのが喜びになっていきました。なかには「仕事を変えるのは良いことじゃない」というような考えの方も、もちろんいますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私のケースでは転職を経験して良かったと思います。

シフトの勤務形態がある仕事についての話です。

「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、一定の曜日に働ける人を募集する求人を結構見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方、休む方法については、聞いておいたほうが良いでしょう。それはなぜかというと、私は過去、出産のため休む人の代わりにと正社員としての仕事をはじめたのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定となるシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前にいた人が「土曜、日曜」に必ず出れる人だったので、私もそのような人と思われていたようです。ですから「土日」に外せない用事が入ると、シフト変更を出す必要があり、上の人に「日曜日に休みたいのです」と私から交渉しないといけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。冷静に考えると、本当によく我慢したなと思います。