求人誌を見る際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほど…

求人サイトを見る場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほ・・

  • 求人誌をチェックする折、例えば、「デスクワークがしたい」と思っている人ほど製造業をチェックしていなかったりします。そういったことをしている人の多くは「製造業は製造マンの求人だけだ」と間違って解釈している場合もあります。事実、製造業の求人募集でも、現場に出る仕事だけでなく人事、経理、総務といった人材募集をはじめ、購買、営業管理といった「事務系」に準ずる仕事もかなり存在します。とはいえ、製造業の職場自体、オフィス街から離れているので嫌だと言う人もいるかもしれませんが、でも、自分の執着をなくすことで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

  • 薬剤師|転職活動では、とても重要となるのが「面接」です。

  • 再就職をするときにとても重要となるのが間違いなく「面接」です。多くの場合面接では、面接担当者が応募者に対して転職を決めた経緯などこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そして、面接官の質問攻めが終わったら今度は、転職希望をする人からの逆質問というのがされるのが普通です。担当者から、「何か弊社に関して質問しておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。そういった質問をされたとき、答えを用意しておらず、どう答えればよいかわからなくなることもありますよね。後で後悔しないためにも、事前に面接担当者からの質問に対する、聞きたいことを考えておくことをお勧めします。冷静に考えてみればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 転職にあたってそれなりの準備は不可欠です。

  • 転職する場合、それなりの準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、身だしなみ、に含まれる服装は気になっている人も多いと思います。ですが、最近の採用面接に関しては私服が良い会社もあるので、スーツで臨まなくても良い場合があります。創業したての企業などは、考え方が柔軟で私服で面接を受けたほうが、相手からの印象が良くなります。さらに、フランクに会話できるメリットも。また、私服だと面接中に、洋服の事で話題が広がることがあります。ですから、うまくいけば面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というワケで、面接にトライするなら「創立した年」で選択し、(ベンチャー系の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。