最初に転職を行うのであれば、注意すべきことは「現在の仕事を辞めたい理由・・

人生初の転職を試みる際は、忘れてはいけないのはなぜ現在の仕事を辞めたいか…

  • 最初に転職をする場合、なぜ現在の仕事を去るのかについて明確にしておくことだと考えられます。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが賢明でしょう。その後現在の問題を解消してくれる会社を決定しましょう。社会人の転職活動は、在学中の就職活動とは大きく異なり、現在の仕事を続けながら転職活動を続けていくので、時間と体力が必要だといえます。理由を明確にせず転職活動を開始した場合、途中で息切れしてしまう危険があります。何とか転職したい、現状を変えたいという強い気持ちがなければ、転職活動をスタートするのはやめておくのが賢明です。

  • ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりなのに、少ししか仕事もしてない…

  • ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、早期に辞めてしまう人というのも意外にもよく見受けられます。何故そうなるのかと思うと私の思うところをいうとリフレッシュな気持ちで新しい仕事環境で勤務を始めてみたものの、「考えていた職場とだいぶギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気が受け入れられず・・」という原因で去っていくのだとか。可能ならばこういった、転職先選びで繰り返さないためには、第一に、事前の情報集めをまじめにやっておかなくてはなりません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、職場独自のルール、などあれこれチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

  • 薬剤師|昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

  • 日本には「石の上にも三年」というコトワザがありますが、現在、その背景を裏付けるかのように定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」が身近なものとして捉えている人も多いはずです。ですが、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。仕事を変えたいと考えているなら、適した時期というのも有るでしょう。初歩として、現在の職場・仕事、会社に対して納得できていないと思うことを箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は探してみてください。そうしておくと、転職活動がスムーズになるはずです。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、できるだけ早々に、良い仕事を手に入れられるようにがんばりましょう。