昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。

薬剤師|転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。

政治による影響がでつつある転職事情ですが、安倍総理が主導する現内閣によって、「アベノミクス」や三本の矢で多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀の金融政策との相乗効果によって、財界や企業間でもあたらしい社会的な変化が出つつあります。その変化の中で、一般の企業では労働人口の減少による人手不足が深刻化しています。また最近では、外国人労働者を現状以上に高めていく前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用・転職状況も大きな影響が出てくるはずです。

退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。

転社を繰り返さないための打開策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返しません。インターネットでなんでも見られる現在ではメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。また、転職とは全く異なる行動でも、精神面を鍛えることが可能です。その最たる例はズバリ「海外旅行」ですね。外国は、日本とは違う様々な文化があり、刺激を受けることばかりです。ですから、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。日本に戻ってくると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。この状態のまま、面接に臨めば、これまでとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはず。しかし、退職してすぐは、精神的にまいっている人も多いのでその後のために適度に休みましょう。

薬剤師|職を変えた場合には、高確率で前の会社の仕事はほとんどの記憶は美化されます。

仕事を変えた際には、高い確率で前の仕事での大方は美化された記憶となります。実のところ今の仕事がダメな点があるから、良い方向に進もうと退職を決め、再就職すことになったのに、気付けばどういうわけか新しい会社よりも「前職のほうが良かった」と思い始めるのです。というのも至って自然のことで、以前の職場では業務に慣れていて、今よりもすんなりと日々の業務ができていたのも一番の理由にあるでしょう。とはいえ「転職などするべきでなかった」と真剣に思うほど、以前の職場の方が環境がいい場合も考えられます。