昨今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得、または…

今のご時世では、株・不動産投資をはじめとした不労所得、ある・・

  • 近頃、株・不動産投資といった、不労所得で生計を立てたり、個人経営 といった生き方も増えています。そのような社会的変化もあり、「雇用されて働く道こそが正義」といったこれまでの常識も変わりつつあるようです。高度経済成長時代に関しては、どうなるかわからない株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも組織の一員のほうが手堅いとされ、人生の花形として、またそれが当たり前であるかのように、社会に認識されていました。過去はありますが、現在は、「成熟期」という風にも表現されています。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。

  • 転職することを成功させるためには、戦略を立てながら徹底した情報を収集することが不可欠です。

  • 転職することをスムーズなものにするには、行動する前に行動するようにしなくてはいけません。そうしようと思うのなら昨今は企業の名前も知らないような中小クラスであろうともホームページに企業の紹介を書いているというのが多いので、インターネットを活用して色々と必要事項を手に入れるとまたその企業についてよくわからない点などを解消しておくと転職時に助かります。それと公式サイトのほかに、「転職サイト」の情報に目を通しておくと良いかもしれません。また、インターネット以外の手段として、その職場を自分自身で見て確かめることも大事なことです。

  • 失業した際にもらえる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが…

  • 失業によって得られる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、この給付には「期間」があります。離職時までに勤務していた期間に応じて違い、90日とか120日とか決められるのですがこのような事実を理解していない人が少なくありません。期間の制限ががないと思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて求職活動をしない人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから慌てて転職活動を開始しても条件のよいところを探すのは難しいです。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、失業中に何をしていたかといった点はそこそこ察しがつくでしょう。ときには、面接担当者からそのような質問を食らう可能性もあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、採用は極めて難しくなります。