新しい仕事に就きたいと考えているのなら、年収に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい転職先で、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

新しい仕事についてすぐは「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。一年目の段階ではほとんど「試用期間」が含まれていることも可能性は少なくありません。自分の場合、労力を費やして転職して悲しいかな年収が前職とほとんど同じ額で変わりませんでした。そればかりか、仕事は多様で忙しく、立場上、責任重大で初年度はひどく労力を伴いました。そのような経験から初年度は、仕事を覚える期間として捉え、可能ならば転職以前の段階で貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

ある古物商の人員募集にて、書類審査を通過しました。そ・・

とある古物商の会社で、書類審査を通過しました。その後先方から面接の日時を指定してもらいました。しかし、面接日当日、指定場所へ行ってみると、どうしたものか相手が、面接準備を一切していないと知りました。しばらく待たされたのち、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、やる気のなさそうな態度を見せて、グダグダな状態で面接は終わりました。予定日を過ぎても結果連絡がまったくなく、待っていられず、自ら問い合わせてみたところ、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未着でそんなわけで再度問い合わせたところ、なんと、「今回はご縁がなかったということで」と一方的に電話を切られてしまいました。あまりの対応にしばらく絶句してしまったのですが、正直、採用されなくて良かったと痛感しています。

薬剤師|比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ごと・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年ごとに好きな時にすぐ退職できるわけではないことを実際に転職したことで思い知らされました。新婚した後、生活が落ちついたあと早く子供が欲しかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、数年ほど現在の職場で仕事をしたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員ということもあり、正規よりも年収は少なめでしたが、仕方なく家庭の時間のために、この道を選択しました。が、入社後、一緒に働く人たちの大半のスタッフが10年~15年くらい勤務しているというのです。意外にも派遣社員であったとしても、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、悩みが増えました。