政治によって変化の兆しが出始めている転職事情です…

政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、安倍総理による現内閣によって・・

昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。現在の安倍内閣では「アベノミクス」や「三本の矢」といった経済に関係する政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀主導の金融政策とも相まって、財界・民間企業ともに新しい明るい動向が著しく現れてきています。その変化が加わり、企業のあいだでも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人員不足」が大きな社会問題になっています。ここ最近では、「外国人の労働者」の割合を現状以上に高めていくつもりでいると現内閣は語っています。外国人労働者の増加に伴い、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった変化のなかで国内の雇用や転職事情にも、大きな影響が出てくるのは間違いありません。

退職と転職を度々しないための対策が一つだけあります。

退職と転職を繰り返さないためには、コツが要ります。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返すことがなくなります。今では、ネットがあるので精神面を強くするヒントは誰でもカンタンに拾えます。そんな、時に転職とは無関係な「とある行動」によっても精神面を強化することができます。その典型例が「海外旅行」です。海外旅行に行くと、日本では考えられないような習慣があったりと、大きな刺激を常に得られます。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。日本に帰ってくると、己の視野の狭さを実感し、「世間の小ささ」というものをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え(転職のための)面接を行えば、今までとは格段に違い自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。ただし、退職直後はメンタルが弱気になりやすいので、気力回復のために休みも必要です。

転職すると高い確率で以前の仕事は多くは美化された記憶となります。

転職した際には、高確率で以前の会社の仕事でのほとんどは美化された記憶となります。そもそも現在の仕事内容に不服があるから、次の仕事を探して再就職を決意したはずなのに、過去を振り返ると不思議と転職した会社よりも「前の職場のほうが良かったかも」と思うことが増えてきます。というのは無理はなく、以前の職では仕事の手順に慣れていて、さほど苦労なく与えられた仕事もあっさりとこなせていたのが、というのもあるでしょう。ところが、「やっぱり転職なんてしなけりゃよかった」と真剣に悔やむほど、以前の会社の方が全体的な雰囲気や職場の雰囲気が良いケースもあります。