就職活動において、年収を無視することは不可能です。

転職活動では、「年収」が話題に上がります。

  • 就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実の年収より多く言って、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、源泉徴収票が必要となるため、もし一時的に信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、遅かれ早かれウソはバレてしまうからです。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。現在の年収が400万円の人が、転職して500万円となる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。現在の年収が430万円であれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが正しいです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職を余儀なくされることを招きかねません。

  • 転職のための活動をしている最中は、まずゼッタイに自身…

  • 転職活動を効率的にやっていくには、なにはともあれゼッタイに自分の心が急がないということを忘れないようにしたいものです。まだ会社を辞めないで転職をする活動を行う場合はたいしてないかもしれませんが、退職後に行う場合、やはり気持ちが焦ってしまいます。ですので、冷静に転職活動を続けていきましょう。今後、自分がやってみたい仕事や、理想とする職場の雰囲気をハッキリイメージしておきましょう。実際の職場と比べてみて、それらが矛盾していないか、しっかり、冷静に見極めてみてください。そうすることで、転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

  • 最近スマートフォンで調べればネット上では、要するに「転職サイト」に類するも・・

  • 世の中は便利になったものでPCやスマホは便利でネットの世界では、今では転職情報を掲載している「転職サイト」が数限りなくあります。サイトを見て自分が求めている転職先と思えるのを探すためにも、なんといっても情報収集をする必要があります。このような転職サイトを上手く使いこなすことで、スムーズな転職先探しができます。転職希望者にとって役立つ情報満載の優良なサイトがある一方で、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意しておきましょう。使い慣れないうちは、信用に足るサイトかどうかを他と比べつつ、しっかり確かめてみましょう。