就職活動において、カギになるのは年収です。

就職活動において、必ず話題になるのが年収です。

  • 就職活動において、年収は大変大切な要素です。面接時には、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、もし一時的に騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、現在の年収が300万円の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばまず無理です。たとえば、今の年収が430万円だとすると、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくべきです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職に追い込まれることを招きかねません。
  • 転職のための活動をしているときは、なにはともあれゼッタイ…

  • 転職のための活動を成功させるには、なにはともあれとにかく自分自身の内心が沈着であることを大事にしたいものです。まだ辞めないで転職をするための活動を行う場合はあまり気にしなくても良いとは思いますが、退職の後にする場合、どうしても心のうちが焦りが出てしまいます。ですので、慎重に活動するように意識しましょう。今後、自分でやってみたい業務、理想とする職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。そして、希望する職場と比較してみて、それらが合致しているか、徹底的に見極めていきましょう。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで満足いく転職が実現します。
  • この頃はパソコンやスマホは便利でインターネットのエリアに・・

  • 最近PCを使えばわかるけどインターネットで見られる世界にはいわゆる「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがあちこちに点在しています。自分にピッタリの転職先を見つけたいなら、最初は情報を収集することが欠かせません。転職サイトをきっちり利用することでよりスムーズな転職が実現します。更新頻度が高く、さらには客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、それとは対称的なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。とりあえずは、信用できるサイトかどうかを他と比べつつ、厳しく確かめてみてください。