将来的に、私たちの社会的環境において徐々に短絡的な労働は…

将来、社会的にはぐんぐんと単純作業は機械で済まされるようになり…

  • 将来的に、社会では一段と簡単な労働は機械化が発展していきその切り替えによって人手は削減させられてしまいます。どうしてかというと、単純労働という観点では人間よりも機械で進めたほうが数段に能力が高いからです。例えば、数をカウントするとか、同一の作業を延々と繰り返すことは、機械ならへっちゃらです。人と違って愚痴を言わず、ペースが変わらないし、ずるもしない、正確な作業をしてくれますし、均一にこなせます。そして、人と違って「人件費」を渡す必要もありません。なので、労働力として人間を使う意味がまったくなさすぎます。機械化が無理もありません。
  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、職を見つけようとしていることが条件になります。

  • きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職探しをしているという証明が必要となります。が、現実は「会社に行かなくてもいいし、しばらくはゆっくりと過ごしたい」と考えるのが現実だと思います。真面目に求職活動をしている風に見せる方法があるので以下に紹介します。月に一度ハローワークに行って担当スタッフと面談するのはパスできませんが、その場で求人票を見ることは必ず行ってください。真摯に探す意思がないときには、求人票を真剣に見ている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談で、「労働条件のいい仕事や続けられそうな仕事が残念なことに今月はゼロ件でした」と話して、次に期待しましょう。
  • 就労であるのなら、できるだけ同僚にバレないよう(私の経験談で…

  • 在職期間にあるときは、できるだけ同僚にバレないように(自身の経験談ですが)就労期間中に「転職するかも」という考えだけを活動初期の段階で会社内で言ってみたことがあります。しかし、その後に求人サイトを散々探していたのですが、働く先も仕事を変えるタイミングさえも計画も立てずに決まらず時間を空費する結果に。会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、私の退職予定日などが段々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験したのち、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。