実際に失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。

現実に失業保険を給付してもらうためには、求職活動をしていることの証明が必要になります・・

実際に失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。しかし、実際は「会社に行かなくて良いし、とりあえずはのんびりしたい」と思う人が多いはずです。そこで、本気で働き先を探している風に見せる方法があるので以下に紹介します。毎月の「ハローワーク」での面談は当然のこととして、そこで、求人票を見ることは最低限やっておく必要があります。心の中では探す気持ちが出ないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談のときに、「納得できる条件の仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が残念ながら見当たりませんでした」と言って、次の機会まで待つという方法もあります。

就労期間にあるときは、可能ならば、こっそりと、(ちなみに私自身のと…

在職期間中なら、極力周りの人間に悟られないよう、(ちなみに私自身のときは)在職中に転身の考えを活動初期の段階で同僚にほのめかしたことがありました。でも、その後に転職サイトを散々探してみたものの、思いとは裏腹に転職先や転職時期さえも計画も立てずに決まらないまま、やみくもに時間がムダになるだけでした。そしてその一方、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが決定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。そして、予定は思うようにはいかず、失職期間を経験し、次の就業先を探すことになりました。

転職期間のあいだは、自分の好きなことに打ち込むほか、…

転職先を探している期間中は、趣味に打ち込むほか、体力の低下を招かないようにしておくと良いでしょう。復帰した時に、趣味に打ち込んでいたおかげで気付かないうちに集中する力がアップしています。そしてまた、体力を補っている事で、他の社員さん以上に疲れにくい身体になっているということを自ずと認識することができます。そのため、退職してからの生活は、自分が興味のあるなことに集中することと、体力を低下させないようにするのが何より良い事なのです。今後、その職場のなかで同様の趣味の方と巡り会えれば、会話も弾みます。ですから、趣味を極めることが転職期間中の時間の有効活用となります。