女性の再就職に際して、今日と一昔前では少なからず、状況が変わりつつあります。

女性が再就職する場合、今日と数年前では若干、状況が変わりつつあります。

  • 女性が再就職する際、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近とでは少なからず、状況に違いがあったりします。以前は、結婚の予定や結婚後の予定について一般的なこととして女性たちに質問していました。ですが、最近の動向としては、こういったデリケートな内容は、セクハラに該当する恐れがあるとして、聞かない企業、の方が増加傾向にあります。特に大きな会社の場合は、かなり神経質になっているといいます。しかし、面接する側はYES・NO、の2択ではなく、その女性の姿勢「結婚後も働きたいのか」出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいと思っています。自分の価値観を知ってもらうためにも、志望の動機や自己PRと並行して伝えることで、面接担当官にも考えが伝わり、安心できると考えます。ですから、たとえ、質問されていない部分も、先にあなた自身から企業にとっては必要な情報と捉え、話を進めていきましょう。

  • 派遣会社に登録して働いている人が近時増える傾向にあります。

  • 派遣会社に登録して仕事をしている人が一昔前の規制緩和以降、増える傾向にあります。派遣先が派遣会社に支払う時間当たりの報酬がいくらで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかを極力面接の際に聞いておいた方が無難でしょう。派遣会社は、社員を必要な会社に派遣してその見返りに、手数料を徴収していくシステムになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが多いです。半分以上を派遣労働者に還元している場合は、良いのですが、開示をしない派遣業者が多く、酷い派遣業者では、3割だけしか労働者に還元しないことも多いです。なお、面接のときに答えてくれないような会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、なるたけ違う派遣業者で登録されることを推奨します。

  • 薬剤師|何年か前までの求人誌には、募集要項の中に「性別」ま・・

  • 以前の求人情報には、求める人材の「性別」まで当たり前のように書かれていました。しかし今では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、採用する際、男女の差別がしてはいけない事となり、求人情報の中身に男女の文字を見ることはなくなりました。しかし求人する会社側には実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。ですので、実際は男手が必要な会社に女性の応募が殺到したり、その反対に女性が欲しいのに、男性が応募してきたり、といったトラブルもひとごとではないのです。もしも、「女性が活躍できる仕事場です」と記載のある求人募集の場合は、雇用側が「女性」を必要としている、と解釈しておいた方が良いでしょう。