在職期間にあるときは、状況が許す限り、会社内の人にバレないよう…

薬剤師|就労期間中なら、可能であれば、水面下で(自身のと・・

在職中であるのなら、可能であれば、同僚にバレないように(自身の転職活動では)就労期間中に転職する意思表示だけをはじめのうちに周りの人間に仄めかしたことがあります。しかし、それから、求人誌をあれこれ見ていったものの、働く先や仕事を変えるタイミングさえも何一つ煮詰まっていないままズルズルと時間を空費する結果に。そしてその一方、会社のほうは、仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」といった、本末転倒な事態になってしまいました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経験し、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

転職期間中には、自分の好きなことに時間を使うほか、体力を低下させないようにしておく・・

転職期間のあいだは、自分の好きなことに時間を使ったり、体力の低下を招かないようにしておくと良いと思います。転職先が決まり、仕事復帰した時に、趣味に集中していたおかげで知らない間に集中する力が高まります。加えて、体力アップが図れていることで、その場の社員さんたちと比較すると疲れにくい身体になっているということを自ずと認識することができます。というわけで、休職中は好きなことに力を入れることと、体力アップを図ることをしておいて損することはありません。仕事が決まり、働き出した会社で同じ趣味を持った人と出会えれば、すぐに仲良くなれます。ですから、趣味をとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

将来的に転職活動をするという時は、良いと思う求人(または職・・

これから転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは職種)を見た際にしっかり「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界に関するマイナスとなる面は、知ることができないのが普通です。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、インターネット検索で本来の姿を理解できるでしょう。そういった実態を理解しないまま、入社すると、あとでガッカリしてしまう可能性が高いです。その求人が出されていた理由が「仕事の内容がキツイからスタッフの出入りが激しい」といったケースが多くを占めます。興味をもった案件や業種については、納得するまで下調べをして応募するようにしましょう。