在職していた会社で嫌な上司に心をすり減らし、とう…

新卒後最初に働いた会社で相性の悪い上司に悩みを持・・

昔務めていた会社で嫌な感じの上司の存在に神経を削られ、その結果耐えきれなくなり退職し、他の同業者の企業に職を変えました。その会社では気分よく働くことができて本当に満足の毎日でしたが、ゆっくりと業績が落ち込んで、最後にはとある会社に経営統合されることになりました。奇遇にも経営統合の相手は驚くなかれ以前いた会社で、加えてものすごく嫌いだった上司がまた私の上司となることに。いったいこれはどうしてこんな縁があるのでしょうか。当然ながら再度の転職活動を始めています。

薬剤師|就職のため職探しをする際に注意して欲しい求人は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く…

就職活動中に特に注意が必要な求人情報は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束される時間が長いものです。このような求人は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいる場合がたいへん多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間、45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記されているものです。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、給料に残業代を含んでおく、といったシステムになります。(なお、これは違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代35時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、この給料がもらえます」という意味になるわけです。でも、悪質な求人は、この『みなし』を意図的に表記してないことも少なくないのでよく気を付けてください。

近頃、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」…

最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、「ヘッドハンティング」の専門会社も増えています。特許出願の経歴がある人は、ヘッドハンティングの対象になる可能性が高くなります。彼らは、特許を取った人に限らず、研究開発で論文を出した実績のある人や、新聞で紹介された人など、何らかの業績を残したと思われる人を対象に、電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティングのネタにしています。万が一、あなたがヘッドハンディングのような勧誘をされたなら、そういったことが無かったか考えてみましょう。ときとして、ヘッドハンティングと称して、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、その手の輩は完全なイカサマですから相手しないのが賢明です。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を出すことはまずありません。