古来より日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

日本には「石の上にも三年」といわれる諺もありますが…

  • 日本には昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では「転職」が身近なものとして捉えている人も多いはずです。とはいうものの、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、軽はずみな気持ちで転職を繰り返すのは大変な問題となります。転職したいなら、適した時期を図る必要があります。必ずや今やっている職場、仕事の内容について、不服点を10個前後、メモしてみてください。こうした作業をしておくことによって、再就職がスムーズになるはずです。そして決断したら迅速に、良い職を手に入れられるように取り組むことが大切です。

    今日では、ブラック企業がメディアで注目されたりして…

  • 最近は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、会社名が公表されたりと損をするシステムができてきましたが、まだまだ問題が多いといえます。そのため、面接で見破る必要があります。まずは求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらをもとに聞いてみることです。相手が「ブラック企業」な場合、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、その場での回答を避けるなどはぐらかされるはずです。とりわけ給与や残業や休日に対しては、質問責めすると、渋い表情を見せるケースが多いです。それでも迫ると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、そこでようやく相手のウソを確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

    看護師の違う仕事に転職を決断するキッカケは、人それぞれ。色々な事情があるはずです。

  • 看護師という職業の人の転職を決断する理由は、その人それぞれです。考えてみると看護師の転職するには「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚してから家庭環境の変化によって出産と子育ておまけに親の介護など、種々の身近な家庭環境の変化によってこれまでのようには働き方ができなくなった」「給与体系に不満を感じている」など多種多様の理由が解消したいために転職されるのかもしれません。でも、転職を決断する前に、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、ゆっくりじっくりとそして客観的に見つめ直すことも忘れずにやっておきましょう。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断されることを強くお勧めします。