励んでいる転職する活動中に、「私は今までずっとこうい・・

薬剤師|今やっている転職活動の際に「私は今までずっとこういう内…

今やっている転職する活動で「自分はこれまでずっとこういった職場の仕事を長く続けました」「過去の会社の仕事によって、こういったスキルを得られました」と過去の自分の成功体験などをしっかりアピールしようと考える人は少なくありません。でも、転職希望するその会社で「こういった仕事をしたい」「私が触れたような内容ならぜひ貢献したい」と未来の話をして自身を売り込むほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

薬剤師|転職活動で面接で間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていて例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、正直に話してもOKですが、これとは違い「転職理由」は、現職の不満をそのまま伝えたとしたら問題があります。たとえば給与が納得できないことや、人間関係の問題など、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。とはいっても、自分が不利になることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、かなり慎重に質問してきます。これに対して現職の不満を回答しないためには、現職の業務内容以外を一切話さないことです。それにプラスして、「御社に入ってから〇〇したいです」、3年後にはこうなっていたい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

転職時の採用面接に転職希望の会社へ出向きました。

転職における採用面接にとある会社に向かいました。たまたまその会社にある部屋が空きがないというわけで社外のある場所で面接担当の人と待ち合わせて採用面接をし、当該会場で解散し、面接担当者も会社に寄ることなく直接帰宅するとのことでしたが、奇遇にも自宅からの最寄駅が同じ。そのため電車の中においても面接を行った人とずっとお話しながらいっしょに帰宅することとなり、そのため緊張がほぐれて面接の時よりも込み入った話ができて、それが奏功したからなのかなんと採用を勝ち取りました。