再就職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業だっ・・

転職の際に必ず受けることになる面接では、零細企業であ・・

転職のための採用面接では、規模の小さい企業だったら概ねその社内の「人事」担当が面接官ですが、どこでもそうとは限りません。例を挙げるとしたら、仕事をすることになる管理職、というような部長や課長などの管理職クラスが担当することもあります。とくに営業や事務などの部署に転職する場合は、資格のみでは人の良し悪しを判断しづらいのできちっと自分自身を売り込んでいくことが大事です。面接担当の人たちに「この人は、きちんと自己アピールできるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

あなたが持つ現在のスキルや資格をふまえて転職を検討しているな・・

今ある自分のスキルや資格が有利にはたらくように転職する場合は、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種と比較的、再就職が難しい業界がある事を理解しておいてください。すんなりと転職がかなう職種としては、慢性的な人手不足に陥ってる「医療・介護」系がその最たる例です。医療・介護の分野では看護師および介護士資格が必要であるため、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。現在、看護師や介護士として勤務している人が、様々な事情により、他の業界へ再就職したいと思っているのなら、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外の人材の流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。そのため、安易に考えない事が必要です。異業種への再就職を希望するなら、他の業界では医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけましょう。

薬剤師|転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に人事から「転職の理由は何ですか?」という風に、質問されるのはほぼ間違いありません。こういった場合、どれだけあなたが正しくとも、前の仕事場での労働環境や人づきあいに関しての愚痴ともとれる回答などは、できれば話すのはやめておきましょう。というのも、そのような不満を口にすると、せっかくのチャンスを台無しにしてしまいます。ですから面接では「前向き」な返答に徹するのが正解なため、本心とは違っていても、「新しい職場で、これまでのキャリアをしっかり生かして、会社にも充分に貢献していこうと思います。」といったようなアピールの仕方が求められます。