全くの初挑戦となる業界などに転業したいと考えている場合には・・

経験のない分野などに転業を行う際は、以前の職場で養われた力…

  • 全く経験したことのない分野とかに転業したいときには、前職で養われた力やこれまでの経験値が生かせるという訴えが必要になります。働いたことのない業種の場合、経験のない分その業界で今まで働いてきた人たちよりも不利な状態になりますけど、自らの持っている力がその分野でも発揮できるということを話せれば、戦うことができることもあり得ます。それゆえ、経験が全くないジャンルに挑戦する際には、その分野とこれまでに自分がしてきた仕事との関係を必ず発見しましょう。

  • 薬剤師|女性の転職については、数年前と今とで少し違いがあります。

  • 女性の転職については、今と一昔前では少なからず、違いがあるようです。以前は、結婚観や出産後の仕事などに関して、ごく一般的なこととして質問されることがありました。しかし、今の社会では、そのようなデリケートな内容は、セクハラと企業側が捉え、質問を避ける企業が増えています。そしてまた、世間に名の知れた大きな会社の場合は、神経質になっているといいます。しかしながら実際、面接する側としては、〇か×で返答するのではなく、その人の価値観、結婚した後は退職するのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいと思っています。自分の考えをわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機とともに話すことで相手側にも考えが伝わり、安心できると思うわけです。というワケで、聞かれていない部分も、あなたの方から会社にとっては必要な情報と捉え、答えておくとよいでしょう。

  • 派遣という形で働く人が徐々に増える傾向にあります。

  • 派遣会社に会員登録して働く人が規制緩和以来、増加しています。派遣会社が受け取る報酬が一時間あたりいくらで、どのくらいの金額(割合)、自分のもとに入ってくるかをなるたけ面接時に聞いておきましょう。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を徴収していく形を取っています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが大半です。50%以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらされない派遣業者も多く、ときには、3割だけしか労働者に還元しないこともあり得ます。面接の際にきちんと答えない会社は、隠ぺい体質である場合が多いので、なるたけ違う派遣業者のもとで登録されることを推奨します。