兄の友達の話です。就職活動を始めて新卒採用としてぜひとも入りたかっ・・

こういう転職という話は知り合いからの話です。

従兄の話です。新卒採用として絶対に入りたかった憧れのA社の最終の面接で不採用になって、その後違う会社に入りました。その後数年後派遣の求人のサイトにおいてA社の紹介予定派遣の求人を発見して、どうにかしたくなって当時の会社をすぐさま退職し、A社に派遣という形で就労しました。勇気がありますね。死に物狂いで頑張ってその先希望通りA社で正社員として仕事をすることができ、今ではやりがいを感じつつ楽しく勤めています。

転職候補に挙がっている会社の会社見学は、すごく参考になります。

転職先での会社見学に参加するとたいへん勉強になります。その中でも、職人さんのいる会社ではスキルを近くで見られるので楽しいものです。が、「職人」がいる会社見学は、絶対に見学者には、普段の仕事風景を見せてくれることはまずありません。その傾向が強いのはブルーワーカーなどのジャンルです。このジャンルでは、癖の強い人が多いので入社した後までは本来の姿は伺えません。ですから、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは思わないことがとても大切です。それに加えて、見学時に実際に仕事体験ができる会社は危険ですし、気を付けるべきです。入社していない段階ではもし何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保障は一切ありません。進められても丁寧に断るのが無難です。

大半は大企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから・・

たいていの場合は一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。そのうえ、地方でとなると転職の機会は厳しくなるでしょう。ただ、製造業の企業に関して言うと、都市部でない地方の工業団地のあたりに製造工場を置いていることもはずです。また、そういう地方の工場は、事業拡大とともに「人員募集」を併せて行っているので、そういった好機に転職も悪くないと思います。地方の工場を転職に考えるなら、希望する企業についての情報をチェックしておきましょう。その企業のホームページを覗いて、人員募集の予定がないかこまめにチェックしてみてください。