以前の求人誌では、雇用主の希望する「性別」がハッキリと記載されていました。

今までは求人情報には、性別がきちんと明記されていました。

数年前は求人誌では、雇いたい人の「性別」まで記載されているのがほとんどでした。しかし今では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって採用する際、男女の差別がしてはいけないルールとなり、求人情報の中身に「性別」を明記できなくなりました。しかし募集を出す側としては、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。現実問題として、実は男性が希望の業種に女性が応募したり、女性希望の企業に男性がエントリーしてきたり、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。例として、「女性が活躍できる職場です」とアピールする案件では、雇用側が「女性」を必要としている、と読むのがトラブルを回避できます。

あなたが再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお…

もしあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に移住した上で再就職したい、と感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。一昔前とは違い求人情報サイトを用いれば、国内のあらゆる場所の求人も容易に知ることができますが、しかし、地方や郊外での求人の場合、募集してる企業や会社の数自体が少ないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。といった性質上の問題があるので、転職サイトを利用するのは当然ですが、転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも定期的に確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する転職サポートの関連情報もチェックすると良いでしょう。

薬剤師|再就職する際に行われる面接で使う腕時計は、明らかに目…

転職時の面接のときにする腕時計のことなのですが、目を惹くタイプの腕時計は避けたほうが悪い印象を与えません。この場合の目立つ腕時計とは高級ブランドの腕時計とか、といったことだけではなく逆にチープな腕時計の印象を与えるとか、そういった意味であって正反対の意味で目立つ、と覚えておいてください。再就職の面接のときに着用するべき腕時計においてもポジション的にはネクタイやスーツのとらえかたと同様に、面接にふさわしい無難なものを身に付けるほうが賢明です。しかしながら、自分の年齢にあった腕時計というのもとても大切なことで、新卒で受けた面接のときに用意した腕時計よりはほんの少しでも高い腕時計にした方が良いと断言できます。