仕事のせいで精神的なダメージが蓄積され、転職せざるを得ない状況となったなら…

仕事のなかで精神的なダメージがあり、職場を変えなくては、という気持ちになったなら…

  • 仕事のために回復が難しいほど心的なダメージが蓄積されてしまい、転職しなくてはいけない状況になったのなら、そのときは、相談するのは会社の人にするより自分の家族と話して、退職するかどうかの判断をした方が良いです。なぜそのほうが良いのかというと、働くということは自身のためでもありますが、家族の問題でもあります。毎月、どれだけ高い給料をもらっていたとしても、精神的に追い込まれるまで無理して働くのは望ましくありません。今の時代は働きやすいことを大事にする生き方も認知されつつあります。ですから、あなたの身内とともに、自分の体を大事にしましょう。

    転職をする際に面接でほぼ100%尋ねられることが会社を退職し・・

  • 転職をする場合で決まっているかのように問われるのは前職を辞めたことについてです。このような質問になった際には話題を辞めた会社のことにしない方が良いです。退職理由が話題の中心になってしまうとほぼ確実にマイナス要素を伴った話になってしまいます。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、どうして前の職場を退職したかという点をこの職場にぜひとも入社したかった理由があるといった感じに持っていくということで、今、自分が面接に来ている会社に話の方向を傾けていきましょう。転職理由でも、その会社の話であれば、マイナスではなく積極性を前面に押し出した前職を辞めた理由にすることができます。

    再就職先を探している間は、どうしても、時間が有り余っているため…

  • 転職期間では知らず知らずのうちに気が緩んでしまい、だらけてしまいがちです。しかしながら、そうした生活をするのはお勧めできません。なぜなら、気の緩んだ、だらけてしまった生活を続けると、「心」にも問題が出てくるからです。やがて、仕事をしようとする気力がわかず、生活が苦しくなり困ることにもなるでしょう。そんな状況になってしまうと、悪いサイクルがさらにつづき、転職先をなかなか決められなくなります。転職先を決められなくなるのは、給料を一番に考えてしてしまうからです。給料を第一に考えざるを得なくなると仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られないように暮らしていくためにだれた生活は、転職活動中には必要ないのです。