今日では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件関係の取り締まりが強化された…

近時は、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり・・

今日では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、会社名が公表されたりと厳罰に処せられる傾向にありますが、パーフェクトとは言い難いです。それゆえ、面接で見破る必要があります。最初に、求人票などの労働条件を事前に調べ、それらの項目を順番に堂々と質問してみることです。相手がブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げ腰になるでしょう。特に「休日」「給与」「残業」では、質問をしつこくしていると、渋い表情を見せるケースが多いです。それでもしつこく聞くとふてくされたような態度を見せはじめるので、会社の正体がわかります。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、変だと思ったら、他の会社をあたったほうが良いと思います。

それ以外の仕事に転職の理由はその人によって違うはずです。

看護師という職の人の他の職業に転職を決断する理由は、その人それぞれ。色々な事情があるはずです。それを見てみると看護師が他の職業への転職には「職場に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚することで家庭環境の変化によって出産加えて子育て加えて親の介護など、仕事環境の種々の変化など、これまでのようには働き方ができなくなった」「現在の稼ぎに不満がある」など多種多様の理由があり決して他人ごとではないはずです。ですが、転職を実際に決断するまえに、「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、今一度冷静に、現在の状況を客観的に見つめ直すことも忘れずにやっておきましょう。「本当に転職する意味があるのか?」と再考したうえで決断すれば間違いが減らせます。

求職中のころ割と多くの人材紹介会社に登録していました。

自分が転職を考えていた時期にかなりたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが、転職アドバイザーの質が驚くほど様々あってその多くは満足のいく対応をしてくれないアドバイザーばかりでした。私にとってはとても重要なことなのにもっと熱心に向き合ってほしいという落胆した気持ちが募って、それがきっかけとなって自分がキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得するためには支出が増えました。また勉強の面においてもヘビーでしたが、お仕事を探している方から担当者があなたで良かったと言ってもらえる存在になるために頑張っています。