今の自分のスキルを活かして転職する場合、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種・・

薬剤師|今の自分のスキルや資格を有効活用しつつ、転職を考える際・・

  • 今の自分のスキルをふまえて就職活動をしようと考えているのなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と比較的、転職が難しいジャンルがある事を大まかに知っておきましょう。転職しやすい業界は、たえず人手不足になっている医療・介護業界がとても有名ですね。看護師および介護士の資格が必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、とある事情によって他の業界に再就職しようと思う場合は、すぐに動いてしまうのは危険です。「医療」「介護」以外の大半の業界は、流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。なので、安易に考えないことが大切です。異業種への再就職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事ではなかなか厳しいものになると理解しておきましょう。

  • 転職時の面接では人事から「転職の理由は何ですか?」という風に…

  • 転職のための面接では注意する点があります。人事担当から「転職理由をお聞かせください」という風に、質問されるはずです。この時、どれだけあなたが間違っていなくとも、過去の職場の「働く環境」「人間関係」についての不満に受け止められる回答などは、出来るだけ話すのはやめておきましょう。というのも、仮にそういった不満を回答すると、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを棒に振ってしまいかねません。面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが重要で、あくまで「新しい職場ではこれまでの自分のキャリアをしっかり生かし、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」此の様な言い回しが大切です。

  • 転職を行うなら、言うまでもなく仕事のやりがいアップも大事だけ…

  • 転職するなら、仕事におけるやりがいアップと共に収入が上がることも大きなポイントですから「年収サイト」というところに登録して事前に研究をしています。全く同一の会社でしかも全く一緒の職種、社歴であるのに人によって広い幅がある場合も多くて、正直なところ面接で質問をしたことがあります。面接をした人も同じサイトを見たことがあるようで「高い収入で書いているのは、書いた人物について誰だろうと予測はついているんですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。