今から転職活動をされるなら、良いと思える求人(あるいは業種)…

あなたが転職活動をしているなら、気になる求人を見た・・

これから転職活動をされるなら、気になる求人を見つけたときに忘れず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで検索しておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、まずその業界に関するマイナス点は教えてもらうことは不可能です。ネットで調べれば簡易的なインターネット検索によってすぐに現実を知ることができます。そういう現実を知らずに入社すると、後々に落胆してしまう可能性もあります。そもそも求人が頻繁に出ている理由が「仕事の内容がキツイからなかなか人が定着しない」という場合が多くを占めるため、目に留まった案件について、注意したほうが賢明です。

そろそろ転職しようと考えるのなら、現状の職場の何が気に入らないのか・・

これから転職することを希望しているのなら、今現在の業務や業務での不満に思う部分をハッキリとさせておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。不満があるから転職しようと思っているはずです。しかし「きちんといまの人間関係などの客観的に考えた問題なことを挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職における後悔を減らせます。そのあと、もしも転職した場合、「今より何が不便になるか」をしっかり想像してみましょう。なぜなら、現状の問題が全て解消されるとは限りません。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションのダウンを抑えることは可能なはずです。

転職を行うとき、まず第一にハローワークやインターネット上の求人情報を見たりし・・

転職活動の際は、まず、求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したりしてその会社のことを調べるはずです。しかし、当該会社が情報を載せるにあたっては、専属「コンサルタント」の手が入っている、と理解しておくべきです。コンサルタントは、会社にとって都合の悪い情報を隠す能力に長けています。仮に公開するとしても遠回しな表現に徹します。そのような類の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」についてはそれを鵜呑みにするのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。仮に鵜呑みにして入社した場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとになってから後悔しかねません。悪徳会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、あれこれ言いがかりをつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。この種のブラック企業には注意しましょう。