もっと良い会社の社員になりたいと転職で活動している場合には…

もっと良い会社がいいと転職を希望する場合、「1日でもはや…

  • いい企業につきたいと転職活動をしている人というのは、「ちょっとでも早く内定が手に入れたい」と思ってしまうものです。でも、それで通知を得たいばかりに、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、逆に自分を過小評価にしかならないマネは出来るだけ避けるべきです。大事なのは焦る気持ちはぐっと抑えて、冷静に客観視しつつ、自分にふさわしい職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでの経歴を生かしつつ、さらには、今後のキャリアアップが実現できる職場を賢く選んでみてください。
  • 薬剤師|転職を考えているのならすぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職した場所では、「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。中でも、入社した年度は、おおむね試用期間を入っている企業が多数で、私の例では、四苦八苦して手にした職場だったものの、予想とは裏腹に以前の職場での稼ぎとほぼ同じということがありました。しかも仕事内容もきつく、とても責任が伴うもので、初年度はたいへん骨が折れました。そういった体験から1年目はいわば勉強の年と割り切って、可能なかぎり転職する前からお金をためて気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。
  • 薬剤師|とある古物商の求人に応募し、書類選考をパスしました。その後…

  • とある古物商にて、書類選考に合格しました。その後先方から面接日時を告げられました。それなのに、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、どうしたものか全く面接が予定されていませんでした。しばらく待って、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、終始呆れるほど面倒くさそうな態度を見せてグダグダな状態で面接は終わりました。けれども、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、しびれを切らし、私から問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付してあります」とのこと。しばらく待ちましたが、ですが、これも届かずそこでふたたび、問い合わせたところ、どういったわけか、「結果は不採用でした」、とこちらが話す隙もないまま電話を切ってしまいました。あまりのことに呆れ返ってしまい言葉を失いましたが、率直に、不採用で良かったと痛感しています。