もしも再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたの退職を知・・

もしも転職することが、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知…

  • 転職する前には、今働いている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと、その状況が一変するかもしれません。あなたの置かれている環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。そればかりでなく、残業を押し付けられたりすることもあるので、「転職します」と周囲に言うのは充分にあまり良いとは言えません。そのようなトラブルを回避するため、現在の仕事場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。注意をしておくことで、良い関係をギリギリまで残したまま、最高の形で会社を去ることができます。しかも、円満退職になれば、辞めた会社に困ったときに相談できるかもしれません。業種や規模に関係なく、どんな企業でも、繋がりなので、仕事を辞める前のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。
  • 知人による紹介で転職する先を見つける人もいます。

  • 知人からの紹介を通じて転職の先を探すこともあるでしょう。しかしながら、その職場の労働環境、それから労働条件といったポイントを知人からの口コミ情報のみで判断してしまうとあまりトラブルになることが多いです。どうしてもそういう口コミというのはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。要するに友人・知人の立場では心地よい職場環境だとしても、あなたの主観で見た場合、イライラするだけの場合かもしれません。またその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけに頼らずに、しっかり自身の目でしっかり確認しておきましょう。
  • 転職時の企業での採用面接での多数の人が考え違いをしているのです・・

  • 転職先での面接でのやめておいたほうがよいのは良い印象を与えたいと露骨なまでの猫かぶりは、残念ながら悪い結果を招くおそれがあります。そんな事態を避けるためにはその場を繕うのではなく面接時は、「有給取得率」などの、通常であればかなり質問しづらいことを思い切って質問しておいた方が、絶対に自身のためにもなります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、そういった内容を無神経に尋ねたら、面接結果に不採用になるのではないか」と危惧するかもしれません。ところが、意外と面接官からの印象もいいことは最終的には可能性が高いといいます。これらのお金や労働環境に対する内容は、実のところ、誰もが聞きたい事項ではあるのに、その反面、面接結果に影響するのを恐れ、モジモジして質問できません。しかし、あえてそんな状況で踏み込んでおくと、「勇気のある人だな」ということで面接官に印象づけられるのです。