この先、今以上に簡単な労働は機械化が進歩していきその移り変わりによ…

近い将来、労働力という観点において着実に思考を必要としない作業・・

  • 今後の社会ではますます考えなくてもできる仕事は機械化によってそして、そういう仕事をする人手は削減されます。簡単な仕事という観点ではヒトよりも機械で作業するほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントしたり、同一の手順をずっと繰り返したりすることは機械にとっては何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って泣き言を言わないし、疲れることもないし、不正をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一だし、また、報酬を渡さなくてもいいのがメリットといえます。なので、労働力として人を使う理由がまったく無いことが明白で、機械化されるのは当然といえます。

    失業保険の給付においては、仕事を見つけようとしていることが必要なのです。

  • 実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、客観的な意味で、職を探している姿勢を見せる必要があります。としても、「今まで一生懸命働いてきたので、少しの間でも仕事をせずにゆっくりしたい」と思うのが現実だと思います。ですので、本当に仕事探しをしているように見せることができるので教えておきます。月に一回ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは当然になりますが、「求人票」をチェックすることを最低限やっておく必要があります。本気になって探す気力がないときは、閲覧だけしてハローワークスタッフとの面談のときに、「納得できる条件の仕事や自分がやっていけそうな仕事が確認できませんでした」と相手に伝え、次の機会を探すという方法もあります。

    薬剤師|雇用期間にあるときは、できたら、周囲にバレないよう・・

  • 在職中であるのなら、可能ならば、会社内の人に悟られないよう、(私の例ですが)就労期間中に転社する気持ちだけをはじめの時期に同僚に言ってみたことがありました。にもかかわらず、その後転職情報を散々探していたのですが、予想に反して転職先のあても、時期などすら何も決まらずズルズルと時間が過ぎてしまいました。そして一方、会社の方も業務の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失職期間を経たのち、次の就業先を探すことになりました。