このあいだ転職したばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていないのに…

3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、慣れもしないあいだ・・

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、早期に辞めてしまうという届を提出する人がわりと少なくないのです。何故そうかと考えてみると私の思うところは気持ちも新たに、新たな仕事を見つけたというのに、「期待していたものと大きく違っていた」「独自のルールに慣れなかった」というワケで退職を決意するのだとか。このような失敗を避けるためにはやはり、転職先の情報収集を徹底するほかありません。通勤にかかる時間、給与システム、など多角的に前もって調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

  • 薬剤師|昔から日本には”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

  • 日本には「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。「転職」はとても身近なものになってきました。ただ、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような安易に考えるのは厳禁です。再就職したいなら、適したを的確に捉える必要があります。まず、今現在の職場、自分の置かれている立場などに関して、納得できていないと感じることを10個程度、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうしておくと、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そしてあなたが、いつか決断した時には手早く、よりも良い仕事ができるよう、進めることが大切です。

  • 現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり…

  • 今日では、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件についての取り締まりが強化されたり、悪質な企業は公表されたりと、損をする仕組みができてきましたが、まだまだ物足りない状況です。なので、事前に面接で「ブラック企業」かどうかを見破れる方法があるので覚えておきましょう。最初に、求人票等に書かれている労働条件を確認し、不安に思う項目について色々質問してみることからやってみましょう。「ブラック企業」の場合、記載内容がウソだったときには、返答が曖昧なものとなります。「その場では答えられない」みたいなはぐらかしをしてくるはずです。中でも給与と残業、休日に関しては、詳細について聞くと、渋い顔をすることが多くあります。それでも食い下がっていくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、ブラック企業だと見破ることができます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、何か違和感を感じたら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。