こうした話は友達から聞いた話です。

兄の友達の話です。始めに新卒の時にぜひとも入社したか…

こういう転職という話は兄の知人の話です。始めに学生時の就職活動でなにがなんでも勤めたかった最終目標であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接で不採用となり、そのため泣く泣く他の会社に就職しました。そのあと3年経った頃に派遣の求人のサイトにおいてたまたまA社の紹介予定派遣の求人を発見し、我慢できなくなって当時働いていた会社を即退職して、A社での派遣勤務を開始、必死に頑張ってその先どうにかA社で正社員として働くことができ、現在においてはやりがいを感じながらいきいきと仕事しています。

転職先の会社見学は、かなり勉強になります。

転職しようと考えている会社で会社見学などがあるととても勉強になります。また、「職人」がいる会社は、スキルを近くで見られるため、ワクワクします。しかし、「職人」がいる会社見学は、見学者には間違いなく、本当の姿を見せてはくれません。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。個人のプライドが高めな業種なので、入社した後までは実際の働き方が出ません。そのため、見学で知った内容がそのまま仕事現場と考えないことがとても賢明です。それに加えて、見学時に仕事体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから注意しておいた方が良いです。入社していない段階ではもし問題が起きたとしても、それに対する保障も一切ないので、仕事体験を勧められてもていねいに断ることが大事です。

たいてい大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので…

一般的観点からすると大手企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職で入る事は簡単ではありません。さらに、郊外~地方となるとその見込みは高くはありません。ですが「製造業」系であれば、都市部でない地方の工業団地などを製造工場を持っていることも可能性があります。また、そのような工場なら、事業分野の拡大などの節目に「中途採用」を行っているので、そういったチャンスに転職するのもいいでしょう。地方の工場に転職しようと考えているなら、転職を希望する会社の情報をまえもって収集しておきましょう。ホームページにアクセスし、人員募集の有無など、頻繁にチェックされることをお勧めします。