『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなか…

『転職をしたい!』という願望があって、その意志が強いのであれ…

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が強いのであれば、辞めたいということを速やかに上司に伝えるべきです。なぜならばこのときに相談という形を取ると、場合によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。また、実際にわたしが転職をすると話した時には退職を引き伸ばされてしまい、最終的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。退職する旨を最初、直属の上司に相談したのが年度末で、結果的には数ヶ月働いて退職が認められたのは同年の11月です。予定では、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったのに、うまくいきませんでした。やっぱり人事の采配等もありますでしょうが、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでかなり信頼はなくなりました。
  • 薬剤師|自分自身の好きなことを仕事にしたいと考えている人は要注意です。

  • 自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。私が実際に経験したことなのですが、私は、もともと食べることが本当に好きだったのですが、それが高じて、過去には、飲食店(レストラン)で働いていました。そのレストランでの仕事内容は、そのお店で担当していた業務は、簡単な盛り付けやホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともなく楽しかったのですが、職場の人間関係でとても嫌になりました。ということが理由で、仕事をやめることにしたのですが、そのせいで、あんなに大好きだった食べること、そしてそのレストランで提供していた食べ物も苦手になってしまい、その系列の店にはしばらく経った現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事に就いたばかりの頃は、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいと夢見るのは素敵ですよね。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、冷静に向き合う必要があります。
  • 安定的な生活を欲しがって正規の社員になりたいと考えている人…

  • より安定した人生を求めて「正社員」になりたい人はかなりいらっしゃるはずです。しかしながら、頑張っていても、正社員としての転職活動そのものが叶わない事もあります。非正規雇用者の求人募集はかなり充実しているのに、正社員の求人以外はスルーして時間を無駄にしてしまっているようです。仮に、中々転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、非正規雇用者の募集にも目を通してみましょう。契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、会社に貢献することができれば、2,3年で契約社員から正社員への転換ができる可能性もあるからです。採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」のチャンスがあるかどうかをヒアリングしておくと将来設計が立ちやすいはずです。